詰め物・被せ物

sp_btn01.png

せっかく作るなら、
「より精密」で「よりきれい」な詰め物・被せ物を。

白い詰め物や被せ物は、ただ作って取り付ければいいというわけではありません。いかに精密な歯型取りをして、歯にピッタリと適合するものを作れるかどうかが重要で、そのためには高い技術を持つ歯科医師と技工士がしっかりと連携して治療に取り組む必要があります。患者さんは治療を受けていても細かな隙間や整合性までは気が付きませんが、私たちはこういった細かな点にも一切妥協せずに治療します。

銀歯が入っている方へ

現在お口の中に銀歯が入っている方はいませんか。銀歯はお口を開けた時に、その独特の金属色が目立ってしまうだけでなく、金属アレルギーや歯茎が変色するデメリットもあります。きれいで健康的な歯を実現するために、セラミックへの取り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

銀歯

メリット

  • 保険が適用される

デメリット

  • 色が目立つ
  • 歯茎が黒ずむ
  • 金属アレルギーのリスクがある

セラミック

メリット

  • 天然歯と同じ色合いに加工できる
  • 種類によって固さも選べる
  • 金属アレルギーのリスクがない

デメリット

  • 保険が適用されない

詰め物・被せ物の種類

オールセラミック(ジルコニア)

セラミック素材のみで作られたものです。透明感があり、天然歯とほとんど見分けがつかないくらい自然に仕上がります。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けたものです。金属の丈夫さとセラミックの美しさを両立させることができます。

オールセラミック

ジルコニアをフレームにして、その上にセラミックを焼き付けたものです。金属を使用せずに丈夫で美しい被せ物が実現できます。

ゴールド

最もお口の中での適合性が高い素材ですが、その色合いから近年はあまり使用されていません。当院ではできるだけ不純物の少ないプラチナゴールドを採用しています。

一部分にでも金属を使用すると、歯が黒ずんで見えてしまうことがあります。当院では歯の治療をする際はできるだけ患者さんの歯を残すことを大切にしていますが、どうしても詰め物をしなければならない場合には、見た目や固さが自分の歯と近いものをお勧めしています。審美面と機能面のどちらも大切にする治療をご希望される方は、当院へご相談ください。